むくむくはうすが挑戦するサステナブルな家造り ~その2~



こんにちは。仙台で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす仙台の齋藤です。

前回に引き続き、むくむくはうすの考え方をお伝えします。

IMG_0190.JPG

環境ラベル認定で住まいの性能を見える化

むくむくはうすが取り組んでいることの1つに、「環境ラベル認定」がある。

環境ラベル認定とは住宅環境性能を評価する指針である。
この制度は、北欧5か国で使用されている
「スワンラベル」や、日本の建築環境総合性能評価システムの
「CASBEE」などの基準に基づいて作った。
この制度を使うことで、世界基準と同等の品質で、日本の風土に合った住まい造りが
行えるようになる。監修しているのは、大手エコロジー建設コンサルティング会社である
WSP社(本社:イギリス、むくむくはうすのパートナーはスウェーデン)。
住宅のサステナビリティ性能(持続可能な性能)がランク付けされ、
分かりやすく「見える化」できるようになった。

2015年現在、むくむくはうすが定める環境ラベル「One Planet House®(ワンプラネットハウス)」
の項目数は約60項目。住まい手が楽しみながらラベル認定に参加でき、さらに良い制度になるよう
WSP社と共にブラッシュアップを重ねていく。

「スウェーデンの環境ラベルも市民から発祥して国を動かしました。日本でもボトムアップしていきたいです」
と阿部さん。


今回はここまで。

環境ラベル、知っていましたか?
私は、スーパーで見かける有機JASマークが
身近だと思いました。

住宅の環境性能評価が促進されて、
環境に正しい住宅が日本でもどんどん増えていけばいいなぁと思います!



関連記事はこちら▼

むくむくはうすが挑戦するサステナブルな家造り ~その1~



↓資料請求は下記から!

seikyu01.jpg
サイトホーム
  • 仙台 中古住宅 マンションリノベーション