むくむくはうす®が新聞で紹介されました!


こんにちは。仙台で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす仙台の齋藤です。


どんな業界にも新聞ってあるんですよ!
そう、リフォーム業界にも専門誌がありまして、
そんな新聞にむくむくはうすの記事が掲載されました!

muku1.JPG

むくむくはうすを立ち上げた、
神奈川県のリフォームプロの阿部社長の記事です。

私たちは、むくむくはうすの考え方に共感して、
地域の皆様にもこの考え方を、暮らし方をひろげたい!
と思いまして、むくむくはうすを広げる活動をしています!

むくむくはうすを知っていただけましたら、
共感していただけましたら、
是非、お友達にもご紹介していただければと思います。

むくむくはうすはフェイスブックのページもやっています!
そこで最新情報も発信しているので、
よろしければ、いいね!お願いいたします!
https://www.facebook.com/mukumukuhouse/




↓資料請求は下記から!

seikyu01.jpg

断熱性能が健康に与える影響



こんにちは。仙台で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす仙台の春日です。


IMG_0181.JPG


「暑さ」よりも「寒さ」への配慮を


断熱施工に力を入れている住宅の施工会社さんとお話をしていると、
お施主様が新居で暮らし始めてから

「風邪をひかなくなった」とか
「アトピーが改善した」

などの転居後の変化を聞く事が、
以前からありました。

実際はどうなのかデータできちんと
示したいと考えて、2万人を対象とした
アンケート調査を2009年に実施し、
その後も拡大して調査をしています。

この調査では、住宅の断熱性能を高くしたことで、
今までに感じていた健康上の問題、
例えば「アトピー性皮膚炎」や
「気管支ぜんそく」が改善されたほかに、
「体調がよくなった」「風邪をひきにくくなった」
と感じている人が多いことがわかりました。

そもそも、これまで住宅メーカーや工務店は
断熱についての説明をするとき、
「快適さ」や「エコ」に重点を置いていました。
しかし、「快適さ」の感じ方には個人差があります。

ところが、視点を「健康」に変えてみると、
住まいを高断熱にすることの大切さが数値的にも明らかになりました。

2015年6月に発表されたある論文では、
日本で低気温によって死亡している人の数は、
毎年10万人から12万人にのぼっています。

この数は年間の死者数の10%に相当します。

一方で高気温の影響で亡くなっている人はわずか約0.3%。
その30倍以上の人が寒さによって亡くなっているのです。

寒さが原因というと、いわゆる心臓や脳などの
血流の病気に起因するヒートショックを思い浮かべますが、
ヒートショックで亡くなる人は年間で1万数千人ですから、
寒さが原因で死亡する人の10分の1程度です。

残りの90%は免疫力の低下などで、亡くなる場合が多いのです。


IMG_0182.JPG




記事はまだ続きますが、
断熱と健康は密接にかかわっていますね。

断熱性能が上がると、
抱えていた健康上の問題が解決する。
免疫力の向上にも影響するんですね。

こんな情報をむくむくはうすではお伝えできます。
まずはあなたのお悩みを教えていただくことからスタートしましょう。
大切なのは、どう今後暮らしていきたいか?です。






↓資料請求は下記から!

seikyu01.jpg

ライフスタイルの変化は住宅にも影響しますよ!


こんにちは。仙台で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす仙台の春日です。

だいぶ暖かくなってきた今日この頃です。
今の時期は卒業式や入学式が多いですよね。

住宅も子供の成長に合わせて大きく用途が変わってきます。
そんなご相談も数多くいただく時期ですよね。


成長に合わせての変化で多いのは、
子供部屋に関してです!!

子供部屋の仕切のレイアウト

ライフスタイルの変化、それは子供の成長に対しても。
「下の子が大きくなってきて、部屋を仕切りる必要が出てきた」
「ただ、どうやったら仕切りができるのかわからない」

子供さんの成長に合わせて、小学校の4年生と科になると一人の部屋を欲しがりますね。
女の子、男の子で違いはあるんですけどね!
もっと成長すると、生活リズムも変わってきます。受験などが絡むと
なおのこと。小さいお子さんとの生活が気になりますよね。
そんな時には、子供部屋を仕切るリフォームをお勧めしますよ!


子供部屋の仕切り方・間取り

ただ、質問にもありましたが、どうやって仕切りを入れるかですよね?
子供部屋の仕切り方にはおおきくわけると3種類。
お子さんの成長や性別に合わせて考えることをおすすめしますよ!

(1)2部屋に分ける

 最も一般的な仕切り方。部屋の真ん中に壁を作り1つの部屋を2つにする方法です。
 この場合、個人スペースが確保され、それぞれが独立して生活できるところがメリットです。
 大きくなって生活リズムがズレてきても影響が少ない間取りだと思われます。
 元々、子供部屋を仕切る予定の作りであれば壁を作るだけのリフォームになるので、費用も少なくて済みます。
 考慮すべきは生活スペースの問題。極端に狭いときには仕切り自体難しいですね。また、いったん仕切りを入れてしまうと
 間取りの変更をすることがなかなかできないのもあります。

(2)共有スペースを設ける

 勉強する場所を一緒にし、寝る場所は分けるという間取りです。
 これであれば、兄弟姉妹の交流もありつつ、パーソナルスペースを確保した仕切方と言えます。
 その代わり、個人の部屋自体は小さくなるのが難点です。
 (1)に比べて造作が多くなるので費用も多くなるでしょう。
 また、こちらもできる、できないがあります。

(3)部屋を完全に仕切らない

 子供部屋の仕切りを完全に設けず、一部を目隠しのように使う仕切方です。
 こうすることでお互いの気配を感じつつ生活できるので、仲の良い同性のご兄弟にはおすすめです。
 一部があいているため、空調が1つで済むので光熱費・初期投資の費用が少なくて済みます。


このように成長に合わせて、住宅の間取りを変更することは、
家族でいれば当然出てくる変化です。


実際には、成長することを見越して、新築時からプランを考えておくことをお勧めしますが、
リフォームでも対応できますよ!




↓資料請求は下記から!

seikyu01.jpg

サイトホーム

  • 仙台 中古住宅 マンションリノベーション